株式会社麻生

麻生について

麻生グループと株式会社麻生

 麻生グループは145年に亘る歴史を有しています。現在は一万人を超えるグループ社員がおりグループ社数は87社(協力提携法人・機関を含む)を数えます。麻生グループでは医療・健康、教育・人材、環境・建設資材、生活サービスに関する事業を国内のみならずアジア、ヨーロッパおよびアメリカにおいても展開しています。この麻生グループの親会社として、その中核を担うのが株式会社麻生です。

 株式会社麻生は、麻生グループの価値向上、および、ミッションの実現を目指しています。
株式会社麻生で働く社員は、自社の事業に関わるだけでなく、グループ会社が展開する様々な事業の経営に幅広く関わるチャンスが多いといえるでしょう。自社だけではなく、グループ全体の価値向上を目指すという「やりがい」を経験できます。

 具体的な仕事は、医療関連事業、不動産事業、環境関連事業、建設コンサルティング事業の展開。グループの経営に関わる部分では以下のような仕事に携わっています。

  • ■グループの経営情報の収集、整理及び分析並びにグループの中期・長期経営計画の策定
  • ■グループ全体の広報、グローバル人材の育成、広告関係並びに未知の業界のリサーチ業務
  • ■グループの事業活動に関するリーガルチェック、法的リスクの調査・発見・管理
  • ■グループにおける内部統制の適正性並びにコンプライアンス体制の維持・構築
  • ■グループの連結決算、経理財務業務受託、グループ法人に対する会計・税務・資金業務に関するバックアップやアドバイス
  • ■グループのさらなる事業展開の推進、海外での事業ポートフォリオを広げるための新たな事業展開の推進

topへ

医療関連事業

命

生命の重さを深く受け止め、
地域医療に日々貢献する。

飯塚病院

 開院は1918年。「郡民のために良医を招き、治療投薬の万全をはからんとする」という開設の精神のもとに現在に至るまで地域医療を支え続けている、全国屈指の急性期病院です。また、地域医療支援病院、救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター、災害拠点病院などの認定を受けており、全スタッフが「We Deliver The Best.~ まごころ医療、まごころサービス、それが私たちの目標です~」という経営理念を実践し、筑豊地域約42万人の命を預かる基幹病院として日々の診療を行っています。

横の繋がりを持ちながら、自分の専門領域を深めていく。

 病院では様々な職種の医療スタッフが、チーム医療で患者さんの命を守っています。経営管理スタッフも、他職種のスタッフとの間に壁を作らず、横のつながりを持ちながら自分の専門領域を深めていくことが大切。医療現場とコラボレーションして目標が達成できた時の充実感は、最高です。

医療事業開発部

 飯塚病院や提携病院の運営現場で培ったノウハウを駆使して、「医療サービスの質の向上」と「健全経営」を両立させることで、地域における安心インフラとしての病院の維持存続に貢献しています。

求めているのは、元気で人としての魅力を持った人。

 スキルはもちろん必要ですが、それよりも元気であること、人としての魅力、引き付ける力を持った人なら大歓迎。また、原因が他人ではなく自分にあると考える人、自己解決思考の高い人、相手の立場で物事を考えられる人がこの部署には必要です。

病院コンサルティング事業部

 医療そのもののレベルアップはもちろん、患者さんの満足、職場としての病院内の環境なども視野に入れ、病院そのものをトータルに改善していくことを仕事としています。病院様の良きパートナーとして、多様なニーズに柔軟に対応しながら、私たちのこれまでの実績とベンチマークによる情報収集・分析力を駆使した提案を行っています。

チャレンジ精神を持った、知識よりも意識が強い人を。

 この仕事では、相手が何を考えているかを理解することを求められます。相手の話を素直に聞く姿勢、提案を確実に結果に結び付けていくための行動力も重要です。また、ハードルの高い仕事でもチャレンジ精神を持って向き合える人―知識よりも意識が強い人が理想です。

topへ

建設コンサルティング事業

安

人々の安全・安心な暮らしのために、
社会基盤の長寿命化に貢献。

建設コンサルティング事業部

 (建築・土木構造物診断、材料試験所運営、生コンクリートコンサルティング ) セメント・コンクリート分野で培った設備と技術・ノウハウを駆使して、セメント・コンクリートに関する各種調査・診断、試験・分析、コンサルティング、技術提案などを行っています。例えばコンクリート構造物の劣化度調査・耐力度測定および耐震診断。診断の結果、補修・補強などの必要があれば、麻生グループの技術をはじめ、様々な工法を提案します。また、工業標準化法の試験事業者登録制度に基づくJNLA登録試験事業者として、様々な試験・分析設備を駆使して、コンクリート及び材料の試験・分析を行っています。さらに生コンの新JIS、高強度コンクリートの大臣認定など幅広い分野でお客様からのご相談にお応えし、種々の実験業務や書類作成業務について、技術指導、支援および業務代行を行っています。また、技術提案では、様々な設備・機器、ソフトおよびノウハウを駆使してお客様のニーズにお応えします。

技術力、営業力をバランス良く。コンサル的な能力も。

 この仕事は技術だけ、あるいは真面目な人格だけでなく、そのバランスが大事です。なぜなら技術職としてのスキルだけでなく、お客様から好かれ営業も出来る必要があるからです。また、コンサル的な能力も求められます。お客様から喜ばれることを「やりがい」と思えることが大切です。若手社員でもバイタリティーがあれば、責任のある仕事をお任せします。

topへ

環境関連事業

守

技術と新たなビジネスで、
循環型社会の構築に貢献し、
この国と地球の美しい環境を守る。

建設コンサルティング事業部 環境グループ

 自治体のゴミ処理施設から排出される焼却灰(発生灰)、旧埋立て処分場から掘り起こした埋立てゴミ・焼却灰(埋立灰)をセメント原料や燃料として活用、あるいは金属回収(山元還元)するリサイクルを行っています。その他、建設現場から発生する、建設残土、汚泥の有効利用のための技術提案、マッチングも行っています。 環境事業では、新しい事業展開も含めて、捨てて終わりではない、廃棄物を活かす「循環型社会」の構築に取り組んでいます。

初めてやることを楽しめる人。

 安全で安心なリサイクルビジネスを新たに提案していくために、さまざまな領域の人々とのコミュニケーションなど初めてやることを楽しめる人。そのために必要なのは柔軟な発想と行動力そして俯瞰で世界を眺められる視点を持つことでしょう。

topへ

不動産事業

開

81万坪をステージに可能性を開く、
不動産のプロフェッショナル。

 麻生が保有する不動産のうち、北部九州を中心とした約81万坪の土地及び32棟の自社所有建物を管理・運営・展開している事業部。この事業をベースに外への展開(フロム福岡)を実現します。

不動産事業部

 麻生の社有不動産の維持管理・運営を行っています。また、この不動産を更に発展した形で可能性を開き、未来へつないでいく組織です。今後は既存の不動産資産の管理・運営をベースに、新たな不動産事業の柱として、国内外を問わず安定した収益不動産の取得による資産保有・運営の展開を図っていきます。指示待ちでなく、自分で仕事が作れる部署です。

開発事業部

 筑豊地区を中心とする麻生の遊休土地活用という使命をもって発足。以来、筑豊地区の街づくりと麻生の発展に大きな役割を果たしています。今後は筑豊地区の発展をベースに、培ったサービス業のマンパワーのノウハウをもって国内外を問わず広く展開を図っていきます。

「あの人にまた会いたい」と思わせる力を。

 求める人材は、人間力と語学力のある人。人間力とはコミュニケーション能力や行動力を含めた総合力。「あの人にまた会いたい」と思わせる力です。現在は海外展開を視野に入れており、語学力は大切なスキルになります。指示待ちでなく、自分で仕事が作れる事業部署。「やりがい」にあふれています。

topへ

グループ関連会社支援事業

支

麻生グループ87社を
経営面はじめトータルにサポート。

グループ経営本部

 グループ経営本部のグループ経営推進部は、麻生グループの経営をサポートしていく役割を担っています。 グループ経営委員会の事務局としての業務の他、グループの経営情報の収集、整理及び分析並びにグループの中期・長期経営計画の策定に関する業務に取り組みます。また、グループ全体の広報、グローバル人材の育成、広告関係や当社及び麻生グループにとっての未知の業界をリサーチする業務にも取り組んでいます。今後もさらにグループ経営の質を上げていき、変化の激しい時代のなか、グループとして常に経営の向上を目指します。

優れた多様性を有している人、求む。

 とても間口が広く、やる気のある人には活躍の場も多い部署です。求める人材は多様です。事業フィールドが多岐に亘るグループ企業への支援や提案をするには、様々なものに興味を持っている人、関心が広い人、チャレンジに前向きな人が向いています。

経営支援本部

 経営支援本部は大きく4つの部門に分かれています。

<総務人事部>

 総務・人事の役割を担う、総合管理部門です。総務部門は、株式事務、社内規程の制定・管理、社内行事の管理運営、社内インフラの維持管理を行っています。その他、経営意思決定機関の運営も役割としています。人事部門は、社員の採用、評価など人材管理を行い、経営戦略に基づく人事制度の構築を行っています。その他、社員のキャリアアップサポートや各種福利厚生の管理運営も担っています。

<法務部>

 ㈱麻生・グループ各社の法律相談や、事業活動に関するリーガルチェックの他、グループ全体の法的リスクの調査・発見・管理を行い、また、内部統制の適正性や、コンプライアンス体制の維持・構築も業務とします。この他、事業再編案件においては検討チームで法務を担当します。事業部門のビジネス推進のアシストと、リスクコントロールの双方を担います。

<経理財務部>

 会社の経理業務と財務業務を担っています。経理業務では会社および連結グループの経営成績を集計すると共に、決算に基づき確定申告納付等を行っています。その他、予算編成や部門別損益とその予決算管理を中心とした管理会計業務を行っています。財務業務は、会社資金の管理を行っています。金融市場等における各種情報を常に把握しながら、金融機関との折衝を行い会社にとって最適な資金調達、運用を目指しています。また、グループにおける経理財務部門の一面もあり、十数社のグループ法人では経理財務業務そのものを受託すると共に、その他のグループ法人における会計・税務・資金業務に関するバックアップやアドバイスを行うという役割を担っています。

<外事・統計部>

 麻生グループの事業展開を推し進めていく役割を担っています。アジア、ヨーロッパ、そしてアメリカに展開しているグループ各社・各法人の海外での事業ポートフォリオを更に広げるため、新たな事業展開に挑戦しています。また、内外の統計数値を整理したうえでグループ内の販売政策、商品政策、ブランディングについての改善のコンサルタントの役目を果たしつつ、同時に、新規事業のフィージビリティスタディを行うなど、事業提携による展開も担っています。

各種プロジェクト業務への挑戦へ

 経営支援本部は㈱麻生の管理部門はもちろんのこと、グループ各社への経営支援も担っています。そのためには周囲とのコミュニケーションを図ることが大切で、他部門やグループ各社の事業内容も理解して働ける人材が適しています。法律や社内規程などを理解したうえで正確性と専門性を高めつつ、業務を効率化できるような人を求めています。また、事業・資本提携等の各種プロジェクトといった攻めの仕事も担っています。

topへ

会社概要

商号
株式会社麻生(ASO CORPORATION)
本社所在地
〒820-0018 福岡県飯塚市芳雄町7番18号
創業
1872年(明治5年)
創立
1966年(昭和41年)11月
資本金
35億8,000万円
従業員数
2,428名(2017年3月末)
事業内容
医療関連事業、建設コンサルティング事業、環境関連事業、不動産事業
売上高
375億6,000万円(2017年3月末)
グループ社数
87社(2017年4月1日現在)※協力提携法人・機関を含む
グループ総売上高
2,571億円(2017年3月期)
グループ社員数
10,784人(2017年4月1日現在)
役員
  • 代表取締役会長:麻生 泰
  • 代表取締役社長:麻生 巌
  • 代表取締役専務取締役:古野 金廣
  • 専務取締役:瀧中 秀敏
  • 常務取締役:成吉 弘次
  • 取締役:増本 陽秀
  • 取締役:杉山 嘉則
  • 取締役:麻生 将豊
  • 取締役:麻生 千賀子
  • 常勤監査役:手塚 善和
  • 監査役:辻 哲夫
  • 監査役:上山 信一

topへ