株式会社麻生

目指せ!麻生人

 

麻生人建築医師。

profile

経年で劣化した建築物の外壁。
その声なき声に耳と目を傾ける。

 打診・目視―外壁をトントンと叩く。クラックの幅を丹念に調べる。赤外線カメラで外壁の変状を診る。
 大場の主な仕事は建築物の外壁劣化診断。経年によるマンション、学校、病院、オフィスビル等の劣化を診断する。必要とされるのは専門知識。大学は建築学科だったので自信を持っていたのだが、まだまだ不足であることに気付いた。

 今、懸命に蓄える努力をしている。強く求められるのは経験。これは圧倒的に足りない。今年になって始めたばかりだから、という甘えは自分に許したくない。この仕事でお金をもらう。そうである以上は未熟でもプロフェッショナルだ。

 先輩の指導を受けながら、一つ一つの経験を体に刻み込んでいく。現場での調査をもとに懸命に書いた外壁劣化報告書が完成する。その時はほっとする。この報告書を基に適切な維持管理がなされ、外壁改修工事等が行われる。建築物が蘇る。おかげさまで、と直接お礼を言われることは少ないが確かな達成感がある。

 大場の仕事は、建築物の医師。どうですか、どこか痛いところがありますか。問いかけても答えてはくれないけれど、トントンと叩けば分かるときもある。クラックが自分に訴えかけている。その声なき声に、じっと耳と目を傾ける。

 このごろ街を歩いていると、視線がどうしても上向きになる。ビルの外壁が気にかかる。1人前になりつつある証拠かな。苦笑しながら、少し誇らしい気持ちにもなる。

私の1日

Welcome Message

 様々なことに興味のある方、いろいろな分野の業務を行いたいと考えている方には最適な会社だと思います。(グループ内の業務が多岐に渡っているため)
また、多くの経験ができると思うので、現在の学部学科にとらわれず、少しでも興味をお持ちの方はエントリーしてみてはいかがでしょうか??

目指せ!麻生人

Project

topへ