インターンシップ
実体験レポート ❻

ありのままの自分で
ありのままの麻生に向き合う

九州大学大学院中村 恒文さん

● 麻生インターンシップ参加歴

2018年9月
2days サマーインターンシップ(海外不動産投資シミュレーション)
 
2days サマーインターンシップ(新規事業計画シミュレーション)
 
1day お仕事体験(人事業務体験)
  • 社員の対応細やかな
    サポート
  • 難易度高い心地良い刺激。
  • 充実感100%
  • おすすめ度100%受けて絶対損はない。

至れり尽くせり、3回の貴重な体験。

 インターン内容の多彩さに惹かれて参加した。気持ちの赴くままに、3回も。不動産投資シミュレーションはギリギリの時間設定。大学の講義や研究とは違う、待ったなしのハラハラ感、臨場感に強い刺激を受けた。新規事業計画シミュレーションでは、最終プレゼンを担当。実践的なアドバイスを社員の方々からいただき、社会人、企業人の意識とレベルの高さに圧倒された。人事体験では面接官役。「雇う側」の視点を知り、面接での対応に幅が出た。なぜ、これほどまでに細やかで優しいのだろう。それが3回のインターンシップを通じての素朴な疑問。答えをどうしても知りたくて、この会社に入りたいと思った。

新しい自分を発見した自分がいた。

 人との交流の大切さ、関わることの面白さを教えてくれたのもインターンシップ。例えば、新規事業計画シミュレーションは3人グループでのプラン出し。ずっと話しているうちに、タイムリミット直前でアイデアが浮かび、プレゼンに持ち込めた。3人とも初対面。それでも前向きならチームワークは生まれる。火付け役、まとめ役など自ずと役割が決まり、アイデアがまとまる。巧妙なシチュエーションと舞台があって、3人は存分に個性を発揮できた。そして、新しい自分を発見した自分がいた。

肩肘張らない、普段着の魅力

 ありのままの自分、新しい自分を発揮(発見)できる、麻生のインターンシップ。社員の方々も肩肘張らず、ありのままの会社をそのまま見せてくれる。
 なぜ、これほどまでに細やかで優しいのだろう。インターンシップのときに感じた素朴な疑問の答えは、入社してすぐに出た。「細やかで優しい」のはこの会社の本質。社風。それが分かって、ますます麻生が好きになった。

  • インターンシップマイページ
  • インターンシップエントリー

インターンシップ
実体験レポート

  • 澤田 進也さん
    実体験レポート❶
    澤田 進也さん
  • 山口 真以さん
    実体験レポート❷
    山口 真以さん
  • 林田 明日香さん
    実体験レポート❸
    林田 明日香さん
  • 樋口 貴久さん
    実体験レポート❹
    樋口 貴久さん
  • 恒富 永吉朗さん
    実体験レポート❺
    恒富 永吉朗さん
  • 中村 恒文さん
    実体験レポート❻
    中村 恒文さん

不動産関連の先輩社員

  • 堀 祐基不動産関連堀 祐基
  • 原田涼平不動産関連原田 涼平

 その他社員紹介はこちら

topへ

インターンシップ情報に関する
お問い合わせ

  • 株式会社 麻生 管理本部総務人事部
    (担当:藤田、三角)
  • 〒820-0018 福岡県飯塚市芳雄町7番18号
  • TEL:0948-22-3604 FAX:0948-24-1290  
    E-MAIL:jinji-post01@aso-group.co.jp