2016 インターンシップ
実体験レポート ❷

私のこころをやさしく
包んでくれた独特の空気感

九州大学山口 真以さん

● 麻生インターンシップ参加歴

2016年9月
麻生グループ広報誌作成プログラム
2016年12月
人事業務体験
2017年2月
2daysウィンターインターンシップ(病院経営コンサルティング体験 )
  • 社員の対応誠実・まじめ
  • 難易度高い
  • 充実感80%できない悔しさで-20%
  • おすすめ度90%

就活へ向けて貴重な実体験になる

 始まりは、3年夏のインターンシップだった。志望はインフラ的な仕事をしている企業。地域密着、社会貢献とかがキーワード。利益が一番じゃなく、暮らしや人に役立っているという「実質」があって、結果的に利益が上がっているみたいな。インターンシップ情報サイトで見た「麻生」は、そんな思いにピタッときそうな企業だった。就活へ向けて貴重な実体験になる。参加してみよう。

実感できたのは、この会社の空気感

 参加したインターンシップは、麻生の広報誌を作るプログラム。その過程で、麻生の仕事の幅広さを知ることができた。地域に根付いて147年、グループ全体で90社。このグループの中核を担うのが麻生。なんかすごい、けどすごすぎて、実感がない。実感できたのは、この会社の空気感。第一印象は「少し地味」。いろんな人と触れるにつれて、その印象は「根がまじめ」「誠実」に変わった。まっすぐで、柔らかくてやさしくて、素肌になじんだシャツみたい。あったかい。2日間のプログラムを終えるころ「ここに行きたい!」と思ってた。

参加する。すべてはそこから始まる

 3年冬、2度目のインターンシップは「病院経営コンサルティング体験」。1日目はケースワーク。会社の経営分析。2日目に病院の経営改善手法を学び、実例をもとに改善を提案。この、グループごとの改善提案がキモ。仕事の現場で働いている人たち(女性多し)が、自分の体験を交えてビシビシと意見を言ってくれる。「その提案の中に、患者さんを思う気持ちは入ってる?」。あ、考えてなかった。患者さんのこと。すみません、完敗です。落ちこんで、少しホメられて、うれしくて。自分の足りないところ、自分のいいところ気付いた。ますますこの会社へのシンパシーが深くなった。  後輩が聞いてくる。「麻生ってどうですか」。とにかくインターシップに参加してみて。私はそう答える。だって、すべてはそこから始まる。

  • インターンシップマイページ
  • インターンシップエントリー

2016 インターンシップ
実体験レポート

  • 澤田 進也さん
    実体験レポート❶
    澤田 進也さん
  • 山口 真以さん
    実体験レポート❷
    山口 真以さん
  • 林田 明日香さん
    実体験レポート❸
    林田 明日香さん

医療関連の社員紹介

医療関連の先輩社員

  • 古賀 桜子医療経営コンサルタント古賀 桜子
  • 髙橋 志依飯塚病院広報髙橋 志依

医療関連のシゴト動画

  • 上田 翼医療経営コンサルタント上田 翼
  • 石井 康平医療経営コンサルタント石井 康平

 その他社員紹介はこちら

topへ

インターンシップ情報に関する
お問い合わせ

  • 株式会社 麻生 経営支援本部 総務人事部
    (担当:松下、重岡)
  • 〒820-0018 福岡県飯塚市芳雄町7番18号
  • TEL:0948-22-3604 FAX:0948-24-1290  
    E-MAIL:jinji-post01@aso-group.co.jp